2012/09/28

息子、復学後初めて休みました。


復学以来、全日出席していましたが18~19日休みました。


9日に文化祭がありその頃からクラブもなく変則気味の授業でした。
15~17日の3連休、15日と17日午後からクラブがあり登校しました。


17日、炎天下の中紅白戦をしたようで結構疲れたようでした。
帰宅後家内に「今日はほんまに疲れた・・・足が痛い」と言っていたようで、
足にシップを最近は毎日のように貼っています。


クラブで疲れているから早く寝るわけでもなく夜も遅くまでパソコンを触っていました。


連休明け18日の朝、家内が声掛けをすると返事はしていましたがいつもとは少し様子が違うように感じました。
暫らくすると家内の携帯に息子から電話がありました。


「なんかしんどい・・・」と。
「お母さんはわからない・・・」とパッシブ気味に家内は答えていました。
しばらく黙っていると「明日は行くから今日だけ休む」と息子が言ったようです。

家内は「・・・ん・・・」とだけ言って電話を切りました。


「明日は行くから今日だけ休む」の言葉から、なんとなく嫌な気配を感じましたがその時は疲れが出てきたのかな・・・ぐらいで今日一日休めば明日は行くだろうと私も家内も思っていました。

復学後初めての欠席なのでいざ対応となると、頭ではわかっているつもりのようでしたが家内は戸惑っていました。


休んだ日は殆ど自分の部屋で寝ていたようで、一度だけリビングにきたようです。
パソコンをつけたので、家内は「しんどいならしないほうがいいやろ!」と言うと、ソファーで横になったようです。

夕飯の時、家内が部屋にいる息子に声をかけると「持って来てくれへん?」と言ったので「下りておいで」と言うと「・・・持って来て」と言うので持っていきました。(家内の対応がブレてしまっていたようです)

息子は私がちょうど食事中だったことや姉達もいたので「休んだ事で何か言われるのでは・・・」という思いもあったかと思います。


翌朝、家内が時間を告げに行くとエアコンが暖房で30度の最強になっていて部屋はかなり暑い状態です。

「なんで暖房つけてんの・・・」と家内が言うと息子は「え、なんで・・・」と言いリモコンは本棚の横に裏向けに置かれていました。

故意にやったのはみえみえです。
復学三日目に行き渋った時と全く同じ事でした。


中々起きてこないので私が時間を告げに行くと暫らくして起きてきて朝食を取り、玄関で何かボソボソと文句らしき事を言っているのが聞こえましたが登校して行きました。

途中、友達と待ち合わせをしているのでそこまで行けば登校するだろうと思っていました。
その後、私は仕事に出ると家内から電話が鳴りました。


「待ち合わせ場所まで行ったけど体が熱いから先に行ってて」と友達に言って帰ってくるとの事でした。

中一で不登校になった頃の状態と同じです。
家は出るが帰って来る日が何日もありました。

帰って熱を計ると熱はありません。
家内が「熱もないのにしんどいからすぐ休むはダメやろ・・・」と小言を言うと黙っていました。


二日続けて休み、二日目の様子もおかしかったので家内が藤本先生に連絡し対応方法を教えて頂きました。

パッシブ対応で夜に父親対応でどう動くか相談しましょうとの指示がありました。


失敗はできないので家内が先生に理解出来るまで内容を確認しながら言葉のニュアンスやイメージを一つ一つ教えて頂き、私が帰宅後すぐに息子の部屋に行きました。



:::::::::::::::::::::::::::::::



【父】ノックして息子の部屋に(息子ベットに横たわってる)

【父】なんや熱あるのか・・・?(体温計を差し出し)計ってみろ
【息子】無言で計る(計っている間数分無言、計り終わって体温計を父が取る)

【父】(36.4だったので)ないやんけ・・・お前、朝体が熱い言うてたけど熱なかったん違うんか?
【息子】(無言・・・)

【父】ま~ええわ・・・お前サッカーやりたい言うてクラブ入ったけどそれしんどいん違うんか?
【息子】・・・しんどくない

【父】クラブがしんどいから言うて学校休むのはあかんぞ!
【息子】うん・・・

【父】クラブしんどいんやったら土日クラブ休むとかして自分で調整しろや。お前学校休むんはあかんで
【息子】・・・うん

【父】お前学校行ってクラブやって好きな事して遊ぶのはええけど学校は行かなあかんやろ
【息子】・・・うん

【父】お父さんの言うてる事の意味わかるな?
【息子】・・・うん。(その後無言で部屋をでました。部屋に入ってから出るまで10分程度)



:::::::::::::::::::::::::::::::



藤本先生からは
入り口の“体温計のくだり”は「息子が嫌な感じを受けるような雰囲気で」と。
最後の部分は「お父さんの言っている意味分かるやろ」というニュアンスで反発がでにくいように柔らかくしていくイメージで・・・と指導して頂きました。


「クラブをやってみたくてやったけど、しんどかったので休んだは通用しない」
「体がしんどいなら土日のクラブを休むなどして調整するようにして、
学校は熱もないのに休まない」という事を息子に伝え考えさせて父親の言いたい事をわからせる対応でした。



その後、家内が息子に食事の声掛けをしましたが「いらない」と言いましたが暫らくして、家内の携帯に「食べる」とメールをしてきました。

息子が食事している時は「休んだ事などが無かったように接してホッとさせるような会話をして・・・」と藤本先生から指示を頂き息子の近くにいるようにしました。


翌日、20日は何事もなかったかのように登校しクラブも参加し夜遅く帰宅しました。
21日も問題なく週末を向かえ月曜も登校して行きました。



もし、20日休んでいたら21日が金曜なのでそのまま休み土日もクラブを休んでいたと思います。
そうなると月曜の登校が非常に困難だった思います。

登校すればクラブは少々しんどくても今日は休むとは言い難いものがあります。
普通なら一日や二日休んでも動じないのかもしれませんが、一度動けなくなった息子なので今回は不安がよぎりました。


休み方が怪しかったのですぐに藤本先生に連絡をし御指導をして頂けたのでなんとか立ち直させることができました。


中学一年の時、休みかけた時の対応の悪さを思いだしました。
様子を見ている内にあっという間に状態が悪くなっていきましたので
早期の対応を重要さを改めて感じました。


今まで2度、息子の問題行動で父親対応をしましたがその時は叱ることが目的でしたが
今回は学校に行かす必要がありましたので大変難しかったです。

復学後、順調すぎる感はあり一度はこういう事もあるだろうと思っていましたが
実際に起こるとどう対応していいのかがわからず、失敗は出来ないので私だけでは上手く対応出来ていなかったと思います。

藤本先生に御指導して頂き対応出来た事は今後にも繋がると思っています。

学校行事の後は注意が必要です。
中一の時も学校行事の後行き渋りが始まり不登校になりました。


高校生になって安定して登校していましたので安心しきっていた部分がありました。
今後も気を抜かず注意する必要がありますので、子供達の様子をみていきたいと思います。






:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

家内【ココア】も参加しているmixiのコミュニティです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

復学支援機関と支援を受けた方のリンクの一覧がこちらから見れます。
(ちゃろさんのブログの記事より)

復学支援も各家庭・学年によって異なりますので参考になるかと思います。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


「不登校・ひきこもり」をはじめ、対応方法や家庭教育の相談を行っている機関です。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

中学生不登校ブログランキングに参加しています。
 動けなくなってしまった未来のある子供達を一人でも多く助ける事に繋がるかと考えています

 ☆クリック(1日1クリック)のご協力宜しくお願いします☆

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

2 件のコメント:

  1. 無事復学されても全く休まずにというのはやはり難しいんですね。でも親の対応いかんでかなり結果が違うものなのですね。うまく刺激して活?を入れたり受容している事を伝えたり、、本当に良くやられていると思います。
    僕は、結局復学せず、中卒後働きながら通信制高校へ行ったので家の父もこんなお父さんだったらなと思ってしまいました。

    返信削除
    返信
    1. 宮坂様

      コメントありがとうございます。
      復学しても休まずに登校するというのは本当に難しいと思います。
      一度休んでしまえば不登校の頃のように休む事が普通になる場合もあると思います。

      親として、接し方が難しいです。
      まだまだ学ぶ必要があると考えています。

      削除